【必見!】筋力アップにおすすめのサプリを紹介!

 

当サイトでは筋力アップのサポート役として、おすすめのサプリを紹介していきます。筋トレをしている方はご存知かもしれませんが、HMB配合サプリが人気となっています。

 

その理由としては、HMBはプロテインを飲んでも少量しか摂取出来ない、希少成分だからです。その成分をHMBサプリで効率良く摂ることによって、あなたの筋力アップの心強いサポート役なってくれるでしょう。

 

当サイトでは返金保証が付いているサプリを紹介していきますので、初めての方もぜひ以下より詳細を確認してみて下さいね。

 

目次

 

 

筋力サプリのメリットとは?

 

ダイエットや健康目的で筋トレをする方がたくさんいる現代では、お助け商品として色んなものがあります。その中でも筋力サプリのメリットとは、効率よく筋力をつけることが出来るという点です。市場にはたくさんの筋力サプリが出ていますが人気なのはHMBでしょう。

 

人気の理由は吸収が早いことで、筋力をつけるためによく飲まれているプロテインよりもHMBサプリを摂取したほうが当然分解工程が必要ない分体内への吸収が早いと言えるからでしょう。更にメリットとしては、シェイカーなどの洗い物の手間がかかったり味が微妙だと言われるプロテインなどよりもずっと飲みやすいという点があります。

 

筋力サプリは一度飲めばよいといったものではなく、継続して飲んでこその商品です。ですから飲みやすい上に持ち歩きも簡単に出来るサプリメントが人気が出るのです。また、ダイエット目的で筋トレをしている人も少なくないので、低カロリーなのも魅力といえるでしょう。

 

サプリメントが好まれるのは、手間がかからず持ち運びに便利で、低カロリーな上に味もないので飲みやすく継続しやすいということです。筋トレ初心者であれば手間がかかるとやる気もなえてしまうことがあるので、手軽なのは支持されやすいということでしょう。

筋力サプリの副作用はあるの?

 

いくつかのメリットがあるからこそ形となって市場に出るのですが、メリットがあればデメリットも必ずあるのが世の常です。筋力サプリのメリットは飲みやすく、持ち運びやすく、低カロリーでプロテインとは違って吸収が早いということでしたが、いくつかのデメリットも勿論あります。

 

それは筋トレの初心者には有効でも上級者の場合であれば効果が出にくいといわれていることです。更に最大のデメリットとしては、購入による金銭的な負担があるということ。筋トレだけであればジムなどに行かずとも自宅でも出来ますし、努力は必要ですがそれにお金はかかりません。

 

しかし継続的に飲む必要のある筋力サプリメントを購入し始めるとずっとそれは続きますので、良いものを購入すれば毎回お金もそれなりにかかるということです。しかし一般の人が口から体内にいれるものでデメリットとして最大に気になるのは副作用でしょう。摂取したもので別の苦しみがあるとそれは大変です。

 

結論からいいますと、筋力サプリメントはたんぱく質やビタミンなどの栄養素の合体物ですので副作用はありません。ですから摂取することによる副作用の心配はする必要はないと言えます。安心して摂取し、筋トレの補佐役として利用して下さい。

筋力サプリとプロテインの併用は可能か?

 

筋力を早くつけたいからと、筋力サプリとプロテインを併用する人がいるときいたことがある方も多いことでしょう。不思議に思うのも最もですが、この二つを一緒に飲むことは問題はありません。それどころか上手に使えば筋トレの効果を最大限にまで高めることが出来るのです。

 

筋力サプリの成分は普通の食事から摂取することが出来る成分ばかりですし、プロテインも普通に食物から摂取できるたんぱく質を集めたものです。ですから同時にとったとしても弊害はありません。言ってみればたんぱく質をおかずにたんぱく質を食べるようなものです。ですからどちらも使いたいと思う場合、効果があらわれる時間帯を計算して摂取することにすればよいのです。

 

おすすめは夜寝る前や朝おきてすぐにプロテインを飲み、筋トレ前にはサプリメントを飲む。そうすれば傷んだ筋力の修復作業にも影響するので最大限のパフォーマンスを引き出すことが出来るでしょう。要するにすぐに栄養補給をしたい時と常日頃一定のレベルを保っておきたいときとで飲むものが変わるということです。ですから併用しても何の問題はありませんが、時間を考えてすれば更に筋トレの効果があらわれるというわけなのです。

筋力サプリはダイエットにも効果はあるの?

 

市場に出回っているダイエットサプリには大まかにわけて4種類があります。脂肪燃焼系、食欲抑制系、カロリーカット系、デトックス系。つまり現在の体にすでにある脂肪をどうにかするか、これ以上不要なものをいれないようにして老廃物をいかに体外に出すか、ということです。

 

しかし最近のダイエットではそんな受身の姿勢ではなく、自ら筋トレをして体を引き締めると同時に汗を出して老廃物を捨て、代謝をあげて痩せやすい体を作る、ということを目的とした方が増えているのです。女性は男性に比べて筋力がつきにくいので、そこを補助してくれるのが筋力サプリなのです。

 

筋トレと一緒に筋力サプリを飲むことでムキムキではなくしなやかな体を作り、エネルギーの循環をうまくすることで痩せやすい体にしていく、そんな積極的な姿勢が好まれ出しました。筋力サプリには飲むだけで痩せる効果はありませんが、筋トレやジョギングで汗を流すことをしている人には絶大な効果があります。

 

積極的に理想の体を目指す人のための「筋力系」ダイエットサプリと言えるでしょう。引き締まった腹筋やしなやかでタフなボディを目指して、ついでに美容と健康の望みもかなえようということなのです。

筋力アップと筋肥大の違いを解説

 

筋力アップと筋肥大の違いを解説 筋力アップというのは、筋肉の見た目の大きさでなく、筋肉を使って出せる力の強さを増やすことをあらわします。筋肥大というのは、筋肉の見た目の大きさを大きくすることをあらわしており、筋肉の力の強さは関係ありません。

 

このふたつの違いは、筋肉の力の大きさを重視するか、筋肉の見た目の大きさを重視するかの違いです。筋肉がないように見えて、実は力持ちの人がいたり、見た目は筋肉がモリモリとしているのに、思ったよりは力のない人がいるのはそのせいです。このふたつは似ているようで全く別のものです。

 

全く運動をしていない人が筋トレを始めると、最初はほとんどの場合で、筋肥大と筋力アップが同時に起こりますが、長い目で見ると、このふたつは別のものなので、自分がどちらに重点をおいているかをしっかりと確認しなおしたほうが良いでしょう。それによって筋トレの方法が大きく違ってきます。
筋力アップしたいのに、筋力がなかなかアップしないという場合には、筋肥大のためのトレーニングを行ってしまっている可能性があります。トレーニング方法を見直してみると、原因がわかるかもしれません。このふたつの違いを忘れないようにして、トレーニングに取り組みましょう。

筋力アップにおすすめの食事とは?

 

筋力アップに対する食事のポイントは内容とタイミングです。内容は、当然たんぱく質が重要です。赤身の多いモモ肉やヒレ肉が良いでしょう。また、乳製品、卵や魚介類もたんぱく質が豊富です。大豆は低脂肪で高蛋白の優秀な食材です。たんぱく質は体重1kgあたり1g必要と言われています。

 

これは普通の生活をする人の目安なので、筋力アップを狙っているのであれば、体重1kgあたり2gのたんぱく質をとることを目標にすると良いでしょう。たんぱく質を通常の2倍とることは、意識していないとできません。目安はおかずを2倍食べることです。

 

しかし、カロリーオーバーにはならないように、たんぱく質量の多いものだけを普通の食事内容よりも多くとるようにします。そして、食事をする時間が重要です。筋肉はトレーニングで傷ついて回復する時に力がつきます。筋トレ後の20分間はゴールデンタイムと呼ばれ、この時にたんぱく質をとると、筋肉合成の効率が一気によくなります。また、筋トレ前は1.5~2時間前に食べることを済ませておきましょう。食べた栄養が、その後の筋トレでエネルギーとして使われます。あまりに空腹になると筋肉の分解が始まってしまうので気をつけましょう。

有酸素運動をすると筋力アップは出来ないのか?

 

筋力アップと有酸素運動には深い関係があります。ふたつの特徴を押さえて、どちらの効果も十分に発揮できるようにすることが重要です。大切なのは順番です。筋肉量を落とさず脂肪を落としたい場合には、先に筋トレをしてから、有酸素運動を行うと効果的です。

 

筋トレを行うと成長ホルモンが分泌され、筋肉を強くする作用があります。この成長ホルモンが分泌されることで血糖値が上がり、体脂肪が分解されて血中に出た脂肪を燃焼します。これで、脂肪燃焼効果が高まります。逆にした場合には、先に有酸素運動で筋肉が疲労してしまい、瞬発的なトレーニングに対応している筋肉のエネルギーが不足している状態になり、筋トレを行っても十分な負荷がかけられなくなってしまいます。

 

十分な負荷がかけられなくては筋力はつきません。つまり、後から筋トレを行っても、筋力アップにつながらないということです。これでは、筋トレを行った意味がなくなってしまいます。筋肉を増やすことも大切ですが、脂肪が多くついている場合には、まず脂肪を落とすことも重要です。そのような時には、脂肪燃焼効果の高い運動の量を多くするなどして、調整すると効果的でしょう。しかし、その時も順番は必ず守らなくてはいけません。

ストレッチで筋力アップは可能なのか?

 

ストレッチは筋肉を伸ばし、関節可動域を広く使うための運動です。この運動を行うことで、その後の筋トレに影響を及ぼします。まず、準備体操程度の身体を温めるものは、筋トレ前に行うと怪我の予防にもなりいいと思います。しかし、あまりに長い時間しっかりと、しかも身体の隅々まで伸ばすようなことをしてしまうと、その後の筋トレに悪い影響があります。

 

これは筋肉や腱が伸びてしまったり、過度に伸ばすことで筋肉に傷がついてしまうことが原因のようです。筋トレをする前には、軽く行う程度のほうが良いでしょう。筋トレ後は筋肉が疲労している状態なので、ゆっくりとストレッチをすることが効果的です。疲れた筋肉の部位まで、血流をよくし、疲労物質が流れやすくなります。血流が良くなることで、筋力アップの効果も期待できます。

 

この時には、時間はどれだけかかっても構いません。時間をかけて、身体の隅々まで伸ばしていきましょう。右と左で疲れ方に差があることも珍しくありません。決まった回数を行うというよりも、その時の身体の状態に応じて、時間や回数を調整して行いましょう。そうしてメンテナンスを繰り返すことで、筋肉の状態を把握しやすくなり、次回の筋トレに役立ちます。

クレアチンに筋力アップの効果はあるのか?

 

クレアチンは肉や魚にも含まれている成分ですが、食事からの摂取量だけでは、十分にとることが難しい栄養です。クレアチンは筋肉が瞬発力を発揮する時のエネルギーを供給し、筋肉がすぐに疲れ切ってしまうのを防ぐ作用があります。これは、筋トレを行っている時に、筋収縮が強まり、より重たい負荷をかけられ、より回数を多く行うことができるようになる、ということをあらわしています。

 

筋トレをたくさん行うことができるようになるので、その結果、普通に筋トレを行うよりも早く効果的に筋力アップができるということになります。また、筋肉の回復を促進する作用もあるので、筋トレで傷がついた筋肉が回復する速度もはやめます。この結果、ますます、精力的に筋トレに打ち込めるようになるという好循環になります。

 

さらに、たんぱく質の合成を高め、分解を抑制する作用があることがわかってきています。筋肉と密接な関係にある成分のひとつです。クレアチンは食事だけでとれる量では、十分な筋力アップには足りませんので、サプリメントなどを活用してとると良いでしょう。また、すぐに効果があらわれるものではないので、継続して飲み続けることで、徐々に筋力アップの効果がでてくると思われます。